いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

慢性胃炎

慢性胃炎

胃粘膜の炎症が長期間続く病気で、ピロリ菌が主な原因とされています。
胃炎は経過の様子から、「急性胃炎」と「慢性胃炎」に分類されますが、一般に「胃炎」という病名を用いる場合は「慢性胃炎」を意味します。
慢性胃炎の多くは、ピロリ菌の感染によることが明らかになってきました。

症状

半数近くの人は無症状ですが、くり返すもしくは持続する心窩部痛(みぞおち付近の痛み)、胃もたれ、早期の満腹感、吐き気・嘔吐、腹部膨満感、食欲不振も認めます。
慢性胃炎は症状と内視鏡検査によって診断されるのが一般的ですが、内視鏡検査によって慢性胃炎と診断されたにもかかわらず、全く症状のない人が40~50%にも上ることが知られています。
一方で症状がある人で、内視鏡検査をすると病変のない人が50%以上おり、こういう人を「機能性ディスペプシア」と診断します。

原因

慢性胃炎は、胃粘膜が傷つき、それが日常的にくり返される状態です。
そのことから原因となる食物へ関与が着目されてきましたが、多くは、ピロリ菌の感染によることがわかってきました。
食事性因子では、酒、コーヒーなどの嗜好品、唐辛子、ニンニクなどの香辛料は、胃粘膜を傷つけ、塩分もその一因子と考えられています。また精神的・身体的ストレス、解熱薬などの薬剤も胃粘膜を傷つける原因となりますが、慢性胃炎の原因ともなり得るかについては結論が出ていません。

治療

慢性胃炎は、その原因によって対処法が異なります。

症状のない慢性胃炎の治療

症状がないのに慢性胃炎と診断された場合は、無症候性のピロリ菌感染であることが多く、内視鏡検査で萎縮性胃炎の広がりが軽い場合は、治療することなく経過をみるだけでよいのですが、萎縮が胃体部まで進んでいる場合は、胃がんの早期発見のために定期的な胃の検査が望まれます。

症状のある慢性胃炎の治療
食事療法

酒、コーヒーなどの嗜好品、唐辛子などの香辛料で刺激の強い食品、温度差の大きい食品を避けましょう。

薬物療法

慢性胃炎を完全に治して、もとの健康な胃に戻す治療法は現在のところピロリ菌の除菌療法を除いてほかにはありません。
症状の強い場合は胃酸分泌を抑えるH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、胃粘液層の強化をはかる胃粘膜防御因子増強薬、胃粘膜保護薬を用います。