いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血

体内の鉄分が不足するために起こる貧血で、圧倒的に女性に多く起こる貧血です。治療すれば確実に治り、多くの場合は心配いりません。

症状

急に起こることはなく、徐々に進行する貧血であり、だるさ、息切れ、動悸を強く感じるといった症状がだんだん現れます。貧血が極めてゆっくり進行した場合には、ヘモグロビン量が正常の半分くらいになっても、安静にしていれば症状を感じないこともあります。

原因

出血、月経、妊娠、分娩、授乳、食品中の鉄分の不足、胃腸での鉄分の吸収不足などが挙げられます。

診断

鉄欠乏性貧血かどうかは、血液検査をすればわかります。赤血球、ヘモグロビンの量のほか、ヘマトクリット値、平均赤血球容積、平均赤血球血色素を調べます。鉄欠乏性貧血では、これらの値が低くなっています。
また、血清フェリチンの値が低くなり、血清中の鉄分の量と総鉄結合能が増加します。
鉄欠乏性貧血と診断されたら、原因を探るために消化管の出血、便潜血などの有無を見る検査が行われます。女性の場合は、婦人科で診察も必要です。

治療

原因があれば、まずその治療が優先されます。鉄欠乏性貧血そのものは、鉄剤の内服で治りますが、長期間の服用が必要であり、自己判断で内服を中止しないことが重要です。おおよそ2~3ヶ月は毎日鉄剤を服用します。

鉄剤内服の注意点

人によって食欲の減退、胃のむかつき、不快感などを起こす場合があります。また便が黒くなることがありますが心配ありません。