いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

百日咳

百日咳(ひゃくにちせき)

どんな病気か

百日咳菌によっておこる感染症で、治るまでに文字通り100日かかることもあります。
感染力が強く、乳幼児には注意が必要です。

かかりやすい年齢

かかりやすいのは3歳以下の乳幼児で、母親から免疫を受け継がないので、新生児でもかかることがあります。

流行する季節

夏に多い傾向ですが1年中みられます。
予防接種が普及し少なくなりましたが、近年成人での流行が報告されています。

症状

潜伏期は1〜2週間です。
初めは、せきがでるだけです。
熱はなく、痰も少ないのに、せきがしだいに増加し、とくに夜間に多くなります。この時期をカタル期といい、 1〜2週間続きます。
そのうちに、激しくせき込んで、のどを嗚らして吸気する特有のせきを連発するようになります。

診断

採血にて診断可能です。

治療

流行状況や特有の咳の有無、血液検査などで早期診断のうえ、マクロライド系抗菌薬を使用します。周囲の大人にも感染し、その大人がまた感染源になっていくため、症状があるときには家族の治療も必要となることもあります。

予防には百日咳ワクチンとジフテリアワクチン、破傷風ワクチンを混ぜた3種混合ワクチンを接種します。(小児)