いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

気管支拡張症

気管支拡張症

原因

何らかの原因で、気管支が広がった状態を気管支拡張といいます。
原因として生まれつきの問題や幼小児期の肺炎、繰り返す肺炎などで、気管支壁が壊れたり弱くなることにより生じます。

症状

症状として多いのは、痰や咳、肺炎をおこしやすくなります。血痰もよくみられる症状です。時に大量の喀血を起こすことがあります。

診断

レントゲン写真やCTで気管支拡張があるかどうかで診断します。また感染が疑われる場合は病原菌を同定するために痰の培養検査が必要です。

治療

症状の軽減や炎症を抑えるためにマクロライド系抗菌薬を投与したり、痰をスムーズに出す薬なども併用します。
感染を起こしていることが疑われる場合には、適切な抗生物質を使って感染を抑えます。血痰や喀血に対しては止血剤などの投与を行いますが、大量の喀血がある場合や喀血が止まらない場合は、入院して外科的処置が必要です
予防としては、気道感染症により症状が悪化、また病気自体が進行するため、風邪などにかからないように注意します。また痰はためないようにしてください。