いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

鼻の粘膜において、抗原とIgE抗体が反応して起こる病気です。
発作性の反復するくしゃみ、鼻水、鼻づまりの3症状を呈します。
初春に起こるスギ花粉症もアレルギー性鼻炎の一つです。

原因

アレルギー性鼻炎の原因は、室内のハウスダスト、ダニ、ペットの毛やふけ、カビ、花粉(スギ花粉、ブタクサ花粉、カモガヤ花粉など)が代表的な原因です。

症状

ほこりやダニなどが原因である通年性アレルギー性鼻炎では、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが主な症状です。スギ花粉などの花粉が原因で起こる季節性アレルギー性鼻炎では、先ほどの鼻症状以外に、目のかゆみ、涙目、のどのかゆみといった症状がでます。

検査と診断

まず問診で鼻の症状を尋ねますが、特徴的な鼻症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど)からアレルギー性鼻炎が疑われた場合は、実際にアレルギーがあるかどうかの検査と、原因となる抗原は何かということを検査して診断します。

治療

症状がないか、あっても軽度で日常生活に支障がないことを目指します。
ヒスタミンの作用を抑える薬(第二世代抗ヒスタミン薬)、ロイコトリエンの作用を抑える薬(抗ロイコトリエン薬)、鼻用ステロイド点鼻薬、漢方薬など、さまざまな薬剤が治療に使用されます。まずは第二世代抗ヒスタミン薬や化学伝達物質遊離抑制薬が第一選択薬となります。鼻詰まりがひどい場合では、抗ロイコトリエン薬や鼻用ステロイド点鼻薬なども使用します。