いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/13:50〜19:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

予防接種

予防接種(成人・小児)

当院では各種予防接種を行っております。
ワクチン準備のため、3営業日前までにご予約をお願い致します。
予約はお電話または直接受付にて承りますので、ご都合の良い時間をお聞かせください。

ワチクン名 対象年齢や制限など 生or不活化ワクチン 費用(税別)
おたふくかぜ 妊娠中は不可、
接種して2ヶ月は妊娠不可
生ワクチン ¥5,000
水ぼうそう 妊娠中は不可、
接種して2ヶ月は妊娠不可
生ワクチン ¥9,000
帯状疱疹 50歳以上 生ワクチン ¥9,000
B型肝炎 年齢制限なし ※3回接種 不活化ワクチン ¥5,500
A型肝炎 16歳以上 ※3回接種 不活化ワクチン ¥8,500
高齢者肺炎球菌 65歳以上(5年に1回)
※助成制度あり
不活化ワクチン ¥8,000
破傷風 10年以内に定期接種完了者は
1回、その他は3回
不活化ワクチン ¥3,000
麻疹風疹(MR) 妊娠中は不可、
接種して2ヶ月は妊娠不可
生ワクチン ¥10,000
麻疹(M) 妊娠中は不可、
接種して2ヶ月は妊娠不可
生ワクチン ¥5,500
風疹(R) 妊娠中は不可、
接種して2ヶ月は妊娠不可
生ワクチン ¥5,500

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンの予防接種は10月から開始となります。
開始時期が近くなりましたら「お知らせページ」から予約等のご案内を致します。

風疹ワクチンの助成制度に関して

杉並区にお住まいの方は助成が受けられる場合がございます。
詳しくはこちらをご確認の上、当院へお問い合せください。

予防接種を受けるにあたって

  • 接種当日に発熱があったり体調が悪かったりする場合は、ワクチンを接種できません。予約の変更を承りますので、ご連絡ください。
  • 生ワクチン(おたふくかぜ・水ぼうそう・帯状疱疹・MR・風疹・麻疹など)を接種後は4週間、不活化ワクチン(B型肝炎・A型肝炎・高齢者肺炎球菌・インフルエンザなど)を接種後は1週間、それぞれ次の予防接種まで間隔を空ける必要性があります。近日中に複数の接種を予定している場合は、ご注意ください。

小児ワクチン接種をご希望の方へ

当院では小児ワクチン接種の予約を受け付けております。
ワクチン接種を受けると、その病気に対する抵抗力(免疫)がつくられ、お子様の感染症の発症あるいは重症化を防ぐことができます。
生後2か月を迎える頃にワクチン接種をご検討下さい。
わからないことがあれば、お気軽にクリニックにお問い合わせください。

接種スケジュールが変わらない方はこちらで確認お願いします。

予約方法

受付窓口、電話予約にてご案内しております。すべて事前予約制です。
お手元に母子健康手帳等、ワクチン接種についてわかるものをご用意の上、ご予約下さい。

電話番号:03-5305-5788

接種可能日

毎週土曜日

予約時間

14:00 / 14:15 / 14:30 / 14:45
予約時間10分前にご来院ください。

当院で接種を行っている小児ワクチン一覧

定期接種
  • Hib(インフルエンザ菌b型)
  • 肺炎球菌(小児用13価)
  • B型肝炎(※母子感染予防目的での接種は除く)
  • 四種混合
  • 二種混合
  • 水痘
  • 日本脳炎
任意接種
  • ロタウィルス(1価、5価)
  • おたふくかぜ

※当院ではBCG、HPV(ヒトパピローマウィルス)のワクチン接種を行っておりません。
※ロタウィルスワクチンの接種前後30分は授乳ができませんのでご注意下さい。
※生ワクチンを接種後に他のワクチンを接種する場合は27日間、不活化ワクチン接種後に他のワクチンを接種する場合は6日間の間隔をあける必要があります。

当日お持ち頂くもの

  • 健康保険証
  • 医療証
  • 予診票
  • 母子健康手帳

母子健康手帳は他ワクチン接種間隔の確認や接種漏れのチェック、また接種の証明に用いる重要な手帳です。
お忘れないようにお願い致します。

ワクチンを受ける前にご確認頂きたいこと

  • お子さんの体調が良い時にご来院ください。予防接種は体調のよい時に受けるのが原則です。
    朝からお子さんの状態をよく観察し、ふだんと変わったところのないことを確認して下さい。
    予防接種を受ける予定であっても、体調が悪いと思ったら、クリニックにご相談下さい。
  • 今日受ける予防接種について、必要性、効果及び副反応などをご理解の上ご来院ください。
    受ける予定の予防接種について、区からの通知やパンフレットをよく読んで、必要性や副反応についてよく理解してください。
    わからないことはお気軽にご相談下さい。
  • 母子健康手帳をお持ちください。
  • あらかじめ、予診票の記入をお願い致します。
  • お子さんの日頃の健康状態をよく知っている保護者の方でのご来院をお願いしています

予防接種を受けることができないお子様

  • 明らかに発熱(通常37.5℃以上) をしているお子様
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子様
    急性で重症な病気で薬を飲む必要のあるお子様は、その後の病気の変化もわからないことから、その日は接種を受けないのが原則です。
  • その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシー*を起こしたことがあることがあるお子様
    *アナフイラキシー:通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギ一反応のことです。汗がたくさん出る、顔が急にはれる、全身にひどいじんましんが出るほか、はきけ、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状やショック状態になるような、はげしい全身反応のことです。
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

上の①~③に当てはまらなくても医師が接種不適当と判断した時は、予防接種をすることができない場合がございます。

ご確認の上、ご予約をお待ちしております