いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

胃食道逆流症(GERD)

胃食道逆流症(GERD)

胃酸は、胃の粘膜に存在する壁細胞から胃内腔へ分泌される塩酸です。塩酸が過剰に分泌され、胃内酸度が異常に高い状態が胃酸過多です。胃酸過多によって、胸焼けや胃液が胃から口へこみあげるなどの症状が現れます。
また、下部食道括約筋の弛緩や、食道の蠕動運動の低下が原因となり、胃液が食道内に逆流し、下部食道粘膜を中心に炎症や潰瘍を引き起こすケースを胃食道逆流症(GERD)といいます。

原因

壁細胞の増加、胃酸分泌を促すホルモンのガストリンの増加、胃酸分泌抑制ホルモンの減少などが、胃酸過多を引き起こします。また、胃潰瘍の一部、十二指腸潰瘍、小腸広範囲切除後、副甲状腺機能亢進症などでもおこります。

治療

プロトンポンプ阻害薬(PPI)やH2受容体拮抗薬などの胃酸分泌抑制剤が使用されます。

日常生活の注意

香辛料、コーヒー、アルコールなどは、胃酸の分泌を促すので避けるようにしましょう。