いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

急性胃炎・急性胃潰瘍

急性胃炎・急性胃潰瘍

胃炎とは、胃の粘膜に発赤、浮腫、ただれなどが生じることで、胃潰瘍とは、胃の粘膜に深い組織欠損(潰瘍形成)が生じることをいいます。
これらの症状が比較的短期間(急性)に生じ、それにともなって急激に強い腹痛が現れ、さらに短期間で治癒するものを、急性胃炎、急性胃潰瘍といっています。

原因

原因は様々です。
精神的ストレス、手術、外傷、熱傷などの身体的ストレス、痛み止めなどの薬剤、香辛料などの刺激物の摂取などが原因の一部としてあげられます。
また、食中毒、特定の食物に対するアレルギー反応、アニサキスなどの寄生虫の感染なども原因となり得ます。

症状

比較的急激に、しかも強い症状が現れるのが特徴です。慢性胃炎などの場合には、胃に炎症があっても症状がない場合がしばしばありますが、急性胃炎・胃潰瘍の場合は症状がないことはまれです。

診断

急激に出現する胃痛や腹痛、吐き気、嘔吐、吐血・下血などが現れたらこの病気を疑い、他の鑑別疾患が無いかどうかも診ていきます。
診断の決め手になるのは、胃内視鏡検査です。
一般的には、血液検査などでは特徴的な結果が得られません。

治療

まず原因の除去です。軽症であれば、これに加えて内服薬を服用し、経過を観察していけば短期間で改善します。
薬物療法として消化性潰瘍の治療に準じて、胃液中への酸の分泌を抑えるH2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬、また胃粘膜を酸から守る胃粘膜防御因子増強薬などが使われます。

日常生活の注意

喫煙は胃粘膜の血流を低下させ、粘膜防御因子を減弱させると考えられており、避けてください。胃粘膜から出血している場合はただちに対処が必要です。