いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

骨粗鬆症

骨粗鬆症

「骨粗鬆症とは、骨量が減少し骨がもろくなり骨折しやすくなった状態」と定義されます。
高齢の女性に多くみられ、50歳代から増え始め、70歳以上では、約半数がこの病気になるといわれています。
骨量が減っただけでは、自覚症状はありません。もろくなった骨が折れることで気がつく場合がほとんどです。
痛みがなく、いつのまにか背骨が曲がっていたり、身長が縮むといった人は注意が必要です。

診断

X線検査などで骨塩量を調べます。

治療

活性化ビタミンD製剤、カルシトニン製剤、イプリフラボン製剤、エストロゲン製剤、ビタミンK製剤、アレンドロン酸ナトリウム水和物などのビスホスフォネー卜製剤、カルシウム製剤などの薬剤が用いられます。
薬の副作用などで気をつけなければならない点は、ビタミンD製剤では高カルシウム血症、エストロゲン製剤では子宮がんや乳がんの発生のリスクです。
ビタミンK製剤はワーファリン製剤を内服中の方は併用できません。