いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

現在の混雑状況およびご予約はこちらから

足白癬(みずむし)

足白癬(みずむし)

足の裏や、足の指間などにできる白癬菌感染です。男性にやや多く、10歳未満には少なく、20歳代から急激に増えます。また長時間靴を履く人、発汗の多い人にも多くみられます。乾燥と清潔を保つことが大切です。

症状

指間型足白癬

指の間の皮がむけ、角質が厚くなって白くふやけたり、びらん(浅い潰瘍)になることがあります。足の薬指と小指の間に、最もよく見られます。

角質増殖型足白癬

足の裏全体の角質が厚くなりますが、かゆみや季節的変動がないため白癬と思わない人も多いです。
これらは汗疱、湿疹、掌蹠膿疱症、掌蹠角化症、紅色陰癬などと症状が似るため、真菌の確認による鑑別診断が必要です。

治療

抗真菌薬の外用薬を使用します。