いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

尋にきび(尋常性痤瘡)

にきび(尋常性痤瘡)

にきび

主に思春期の顔面、前胸部、上背部にある毛穴に皮脂が貯留してできます。女性では思春期後にもできることが多く、思春期後痤瘡と区別して呼ばれることもあります。

原因

皮膚の角化異常や皮脂によって毛穴の表面が詰まることが原因です。皮脂の分泌には、男性ホルモンが関与しています。女性でも卵巣や副腎から男性ホルモンが分泌されているので、同じようににきびができます。炎症には、痤瘡桿菌(にきび桿菌)が関係しています。この菌は皮脂を好み、酸素の少ない閉鎖された場所を好みます。

治療

早めに治療することでにきび跡を残さないようにします。最近ではアダパレンというニキビに効果的な薬剤が承認されました。これらの治療は、皮疹のない状態を維持する効果も期待できます。丘疹、膿疱、嚢腫、硬結のような炎症のある場合には、症状に応じて抗生物質の塗り薬や飲み薬を使います。
にきび跡に対しては、ケミカルピーリングや各種レーザー、外科的手術など様々な方法が試されていますが、まだ効果について一定の見解は出ていません。にきび跡を残さないように早めに治療することが最も重要です。