いりたに内科クリニック

受付時間
平日:8:50〜12:30/14:50〜18:30
土曜:8:50〜12:30/13:50〜16:00
休診日:日曜・祝日

いりたに内科クリニック

方南町駅3b出口となり

現在の混雑状況およびご予約はこちらから

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)

皮膚の表面の黄色ブドウ球菌が原因となっておこる病気で、夏に子どもがかかる代表的な皮膚感染症です。
成人がかかることはまれで、多くはおとなのアトピー性皮膚炎に発症することがあります。すぐに破れる水疱がからだのあちこちにできるのが特徴です。

原因

黄色ブドウ球菌の毒素が原因で、水疱の中や、破れた水疱の表面、かさぶたにいる多数の黄色ブドウ球菌がつぎつぎと飛んだように感染するので、「とびひ」の名前がつきました。ひどい場合は発熱を伴います。

治療

よく消毒し、抗生物質の軟膏を塗ります。かなりたくさんできているとき、あるいはつぎつぎと新しくできるときには、黄色ブドウ球菌、化膿連鎖球菌に効く抗生物質を内服します。かゆみには、かゆみ止めも内服します。